介護事務 資格 期間

介護事務の資格|取得期間はどれくらい?

比較的簡単に取得できる資格として知られている介護事務の資格ですが、勿論全く勉強せずに取れるほど甘いモノではありません。

 

しっかりと学習を積まないと合格出来ないレベルのもので、合格率を見ても6割程度とそこそこレベルが高いものになっています。

 

この6割という数字には、きちんと勉強を積まないでとりあえず受けてみた!という数も入っていると思います。

 

というのも、試験自体はテキストの使用が許可されているためです。

 

テキストが使えるから…と言って油断していて、落ちてしまう方が多いのでしょう。

 

きちんと勉強して臨むべき介護事務ですが、ではどの程度の勉強をすれば良いのでしょうか?

 

今回は、介護事務の資格試験に臨むまでの勉強期間について説明します。

 

どのように勉強すればよいの?

介護事務の資格を取得するための資格要件は実は存在していません。

 

よって、年齢・性別は問われませんし、資格試験を受けるための講義というものも存在していません。

 

但し、資格を取得することをサポートするための通信講座であったり通学講座が設けられています。

 

では、それぞれの学習時間はどの程度取られているのでしょうか?

 

通信講座の勉強期間は?

通信講座の場合は、多くの会社ではテキストとDVDを使用して勉強を行います。

 

テキスト的にはボリュームは非常に少ないのですが、毎日学習していっても4ヶ月ちょっとの学習時間が標準時間として設定されています。

 

但し、これはあくまで多くを見積もってのものですので、実際にはもっと短い期間で勉強は完了します。

 

通学講座の勉強期間は?

通学講座の場合は、学校などに出向いて講義を受けることになります。

 

よって、自分の受講できるスケジュールで予定を組み立てていく必要があります。

 

各社では、約1.5ヶ月を標準学習期間と設定していますので、通信講座よりは短めに設定されていますね。

 

独学での勉強期間は?

一応、独学でも資格を取得できますが、参考書等を基に学習することになります。

 

これは使用する参考書のボリュームによって変動しますが、やはり通信講座程度の期間はかかります。