介護事務 資格 おすすめ

介護事務資格の中でおすすめはどれ?

介護事務の資格には、いくつかの種類があると別の記事にてお伝えしました。

 

今回は、その中でもおすすめできる資格について、ご紹介していこうと思います。

 

介護事務管理士

まずおすすめ出来る資格としては、介護事務管理士が挙げられます。

 

介護事務管理士の資格を取得する際には、受験資格などは特に必要とされません。実務経験も問われませんし、学歴も関係ありませんので、興味がある方が受講することが出来ます。

 

介護報酬請求業務が主となり、その他にも事務全般の仕事を行っていく事になります。

 

介護報酬の計算などの知識、介護サービスについての専門的知識などを学ぶ事が出来る資格となっています。

 

ユーキャンやソラストなどの講座でこの資格を取得する事が出来ます。ユーキャンで受講した場合には、自宅で試験を受ける事が可能となっており、試験は学科と実技の2つがあります。

 

試験内容は、学科がマークシート方式となり、実技がレセプトの作成や点検といったものです。

 

こちらの資格は認知度が高く、就職の際にも有利となることが多くなりますので、おすすめ出来る資格でもあります。

 

ケアクラーク

次におすすめ出来る資格として、ケアクラークが挙げられます。ケアクラークは介護報酬請求業務の他、書類作成・電話対応などの仕事も行います。介護保険の知識や介護サービスの知識について学ぶ事が出来ます。

 

学科と実技試験の両方が行われており、実技試験ではやはりレセプトを作成することになります。

 

有名な対象講座としては、ニチイの講座が挙げられます。

 

合格率は70%と高く、それに伴い介護業界で認知度の高い資格となりますので、こちらもおすすめです。

 

ただし、ケアクラークの受験には、受験資格が設けられており、介護事務職として6ヶ月以上の実務経験があること若しくは、指定のものを履修した人のみが受験することが出来ます。

 

ですので、実務経験などが無く独学にて受験するという事は不可能となりますので、注意してください。

 

介護事務実務士(R)

そして、介護事務実務士(R)もおすすめできる資格です。

 

こちらは、介護報酬請求業務、ケアマネジャーのサポート、その他事務作業を行っていくものです。

 

また、介護事務実務士は、介護報酬請求業務に特化した資格とも言えます。

 

対象講座はヒューマンアカデミーとなっており、基本的には在宅受験となります。

 

試験には学科と実技があり、こちらもレセプトの作成を行う実技試験となっています。

 

受験にあたり特に資格は必要とされませんので、興味のある方が受験することが出来る資格でもあります。

 

年に6回程度の在宅試験が実施されています。