介護管理専門秘書検定資格

介護管理専門秘書検定資格について

2000年に介護保険制度が開始されて以来、介護施設における介護事務の業務はより煩雑となりました。

 

本業である介護業務をこなしながら、介護報酬請求などの事務作業を行うことは、従事者にとっては大きな負担となり、介護事務の専門知識を持った職員の重要性について、多くの関係者の間で考えられるようになったのです。

 

そんなこともあり、介護事務のスペシャリストの育成や資格試験の整備が進められました。そんな介護事務関係の資格のうちの一つが介護管理専門秘書検定資格となります。

 

介護管理専門秘書検定資格は介護報酬請求や介護福祉制度、ケアマネージャーのサポート業務や介護施設利用者への応対業務の知識や業務スキルなどを証明する資格となります。
介護管理専門秘書検定資格取得には介護事務と介護実務の両方のスキルが求められるので、取得すれば多くの施設において重宝されると考えて差し支えないでしょう。

 

介護管理専門秘書検定資格は日本能力開発推進協会の認定を受けた講座を修了することで受験資格を得られます。まずは講座の受講から始めましょう。

 

介護管理専門秘書検定資格の試験内容と受験資格

 

これからの時代、福祉や医療の仕事は益々必要とされるでしょう。今後、日本は超高齢化社会を迎えます。老老介護という重い時代が到来しつつある現在、介護業界で働く人材は非常に貴重です。

 

激務というイメージがありますが、利用者からは大変感謝される仕事です。人と接するので、大変な仕事ですが、やりがいを感じる仕事だといえるでしょう。資格がなくても飛び込める業界ですが、資格があれば何かと重宝され、即戦力として働けます。

 

中でも幅広い知識が必要とされる秘書の仕事はやりがいがありお勧めです。介護管理専門秘書検定資格は、介護施設の事業が円滑に進むようにサポートする資格です。

 

介護管理専門秘書検定資格は介護事業所の重要な仕事である介護報酬請求の技能の他に、施設スタッフのサポート業務、利用者への対応など、一社会人として、習得すべき内容が詰まった試験内容となっています。

 

受験資格は日本能力開発推進協会指定の認定教育機関が組んだカリキュラムをすべて修了した者が対象となります。試験内容はカリキュラムに沿っているのでしっかりと勉強すれば合格できるようになっています。