介護事務 給料

介護事務の給料はどれくらい?

介護事務員は、専業で働く場合とケアマネージャーや介護福祉士が兼任している場合があります。兼任している場合の給料は、兼任している仕事の給料に手当とした形でプラスされることが多いです。

 

プラスされる金額は施設によって異なりますが、概ね2万円から3万円ぐらいでしょう。全体の給料は、兼任している仕事によって大きく変わってきます。

 

専任の介護事務員として働く場合は、固定給よりも時給で働くことが多いとされています。時給制で働く介護事務員が多い理由は、仕事に対して波があるからです。

 

月末になると請求書の締め切りがあるので、介護事務員の仕事量は増えます。しかしそれ以外は比較的暇なことも多いので、固定給だと雇用する側としては不都合になります。

 

こうした理由から専任の場合は時給制になっていることが多く、その額は1時間850円ほどです。数は少ないですが正社員として働いている専任の介護事務員なら、給料は1ヶ月で15万円から18万円ほどになります。

 

雇用形態と給料の違い

 

介護事務の資格をとった場合でも、ほとんどの介護施設では一般的な事務員と同じような扱いになります。中には資格手当がついて給料が上乗せされることもありますが、これは施設によって異なりますので、就職活動をするときに複数の施設で比較してみると良いでしょう。

 

介護事務を持っている場合には、事務員が複数いても中心的な存在になりやすく給料が上がるペースは早くなることが多いため、ベースアップについても調べておくことをお勧めします。

 

雇用形態については規模の小さいところの場合には介護職員の補助をすることもあり、土日の出勤や残業などが含まれることがあります。しかしこれらは手当がつくことが多いため、収入を増やしたいという場合にはある程度受けるようにすると良いでしょう。

 

介護職員の補助といっても基本はデスクワークになり、肉体的に重労働な業務を負担することはまずありませんので、体が弱い人や中高年の人でも対応することは可能です。