介護事務 役割

介護事務の役割とは?

介護事務の仕事内容は事務員になりますが、その役割には様々なものがあります。

 

介護保険の請求手続をする仕事がメインであり、この介護保険は介護施設でのサービス報酬の9割にあたるので、とても重要な役割なのです。介護施設の収入源であるため、正確さや慎重さが問われる仕事です。基本的には、月ごとにその施設での介護サービスを介護保険制度に従って集計し、保険料の請求を行います。

 

その他にも、介護事務は、介護施設の事務処理の大半を役割として担っていることが多いです。利用者負担の管理、集計なども行います。これはとても複雑で難しい仕事です。利用者によって減免などがあるので、それぞれ事情が違うデータを扱うことになるためです。また、介護施設によっては、介護事務の人が、介護施設の職員の出勤管理を行うこともあります。

 

このように介護事務の役割は主として介護保険の請求手続になりますが、それ以外にも色々な事務処理も含まれているのです。

 

介護事務と医療事務の違い

 

介護事務と医療事務には、幾つかの違いがあります。最も大きな違いは働く場所で、介護事務の仕事に就く際には訪問介護関連の施設が主な就労場所になります。

 

また、医療事務の場合は就労場所が病院やクリニックなどの医療機関が多くなり、その職務内容や役割も異なるのです。

 

そして、仕事内容では、報酬請求の算出方法が異なり、介護関連の職場では単位が採用され、医療機関では点数という表現が使われています。これらの数値の算出法は大きく異なり、それぞれの違いは大きな職務上の差となっているのです。

 

更に、これらの仕事では顧客対応の有無があります。医療機関では接客業務を担うこともあり、顧客対応に関しても把握しておく事が大切です。しかし、介護事務の場合は接客などが必要になるケースはほとんど無く、医療機関のように患者さんへの対応がないので、業務に専念することができ働きやすくなります。

 

それ故に、これらの業務にはそれぞれ異なる役割があるのです。