介護事務 調剤薬局事務

介護事務と調剤薬局事務の違い

同じ事務にも、介護事務・調剤薬局事務・医療事務など、様々な資格があります。

 

その中でも、介護事務と調剤薬局事務との違いというのはどのようなものがあるのか、ここでご紹介していこうと思います。

 

そもそも調剤薬局事務って何?

介護事務との違いをご説明する前に、調剤薬局事務とはどのようなものなのかをご紹介しておきます。

 

調剤薬局事務とは、薬剤を専門とした調剤報酬請求事務を中心に、薬局などで事務作業を行う仕事です。

 

介護事務と同じような、レセプトの作成をメインに行うことになります。

 

薬剤の知識を得る事は、調剤薬局事務として勤務することが無かったとしても、とても役に立つものです。

 

家族が病気になった際などに、自分の薬剤の知識を活かすことが出来ます。

 

調剤薬局事務の場合、調剤薬局などでの処方箋受付が増加していることから勤務できる職場も幅広く、活躍が期待される職となっています。

 

介護事務と調剤薬局事務の違いとは

上記のように、調剤薬局事務と介護事務の違いには、まず勤務することになる職場が違うという根本的な違いがあります。

 

介護事務は主に介護施設などに勤務することになりますが、調剤薬局事務は調剤薬局などに勤務します。

 

介護事務の勤務先

在宅介護サービス事業所
老人保健施設
訪問看護ステーション
特別養護老人ホーム
有料老人ホーム

 

など、このような場所での勤務となります。

 

調剤薬局事務の勤務先

調剤薬局
ドラッグストア
病院

 

など、このような場所での勤務となります。

 

レセプトの内容が異なる

また、同じようなレセプトを作成する仕事がメインとなりますが、そのレセプト作成の内容が異なります。

 

レセプトという名前は同じであっても、介護事務は介護報酬請求業務を行い、調剤薬局事務は調剤報酬請求業務を行う事になります。

 

このように、介護事務と調剤薬局事務は、同じ事務でも仕事内容や勤務先、そして専門分野に大きな違いがあると言えます。