介護事務 求人

介護事務の仕事|求人状況はどう?

非常に重要な職務を任されることが多いのが介護事務という職業です。

 

国家資格ではないものの、民間資格として介護事務の資格があり、力量を持ったものが実施するようになっています。

 

合格率がそこそこ高い介護事務の資格ですが、まだまだ知名度としては低いのが実情です。

 

では、介護事務の資格を持った方は求人面で言うとどの程度有利になるのでしょうか?

 

求人情報から、介護事務のニーズについて解説します。

 

介護事務のニーズは?

介護事務の資格は、残念ながら必須の資格ではありません。

 

この資格を持っていないと、介護報酬請求を出来ない、そこまでの縛りはありません。

 

ただ、誰でもできる仕事ではないので、所有している知識を測るバロメーターとして、介護事務の資格がひとつの目安となります。

 

求人情報を見て見る限り、介護事務の資格を採用要件として挙げているところはほとんどありません。

 

同じような資格として、医療事務がありますが、医療事務は引く手あまたなのに対して、介護事務はあれば良いレベルの扱いしか受けていません。

 

資格を取得している方からすれば、ちょっと残念な感じですよね…。

 

ただ、介護事務の経験の次に要件として上がるパターンが有りますので、持っておいて損はありません!

 

事業所によっては、介護事務の資格を持っていることで、資格手当が付くところもあるようです。

 

この後の介護事務の見通しは?

介護事務の現状は知名度が低いということに尽きるのですが、この後の需要はどのようになるのでしょうか?

 

介護系のお仕事自体は、とにかくなり手が少なく人材不足が叫ばれています。

 

また、超高齢化社会を向かえて、介護を受ける方の人数も年々造塊しています。

 

そうなれば、それに合わせて事業所も増えていくのは必至ですので、必ずと言っていいほど介護事務の需要は高まると見られています。

 

今は不遇な資格かもしれませんが、必ずや必要とされるシーンが生まれるので、今のうちに取得しておくと良いですね!