介護事務 現状

介護事務の現状について

介護系の仕事は非常に過酷なことで知られています。

 

夜勤もこなさなければなりませんし、実は意外と仕事の範囲が広いものなのです。

 

もちろん、高い責任の上で仕事をすることになるので、緊張感も相当なものなのです。

 

それでいて、給与面では恵まれていないことで知られており、なり手が少ないのが実情です。

 

日本は、国をあげて介護士の待遇改善を進めており、徐々に効果が見られつつありますが、まだまだ厳しいものとなっています。

 

そんな介護系のお仕事ですが、介護事務スタッフの場合はまた事情が微妙に異なっているのです。

 

では、介護事務スタッフの現状はどのようになっているものなのでしょうか?

 

今回は、介護事務スタッフの現状について迫っていきます。

 

求人状況について

介護事務スタッフだけの求人は少ない?

介護系の仕事はとにかく人材不足が深刻化しています。

 

よって、求人は多くあるのですが介護事務専任の求人は殆ど見られません。

 

介護士の仕事もしながら、介護事務を行うことが一般的になってきています。

 

もちろん、そのためには介護士としての資格も必要になるのです!

 

ただ、大規模な施設の場合は介護事務の仕事だけでも相当なボリュームとなるので、介護事務専任スタッフの募集も見られます。

 

どうしても介護事務専任で働きたい場合は、その点に注目して職場探ししてください。

 

兼任する事が多い

介護事務とは、介護施設で介護保険の請求の手続をメインに事務を行う仕事のことです。介護施設での様々な事務処理も行うのが一般的です。しかし、介護事務の求人は多くないのが現状です。

 

では、誰が介護の事務の仕事をしているのでしょうか。ケアマネージャー、介護福祉などが兼任する形で事務処理をしています。そのため、求人が少ないのです。

 

また、介護事務として求人するような介護施設は、ある程度以上の規模である介護施設に限られます。それぞれ専任の仕事をしている介護施設が求人を行うのです。しかし、このような大規模な施設は少ないですし、大半の介護施設で兼任として行われているのが現状です。

 

このような状況のため、ケアマネージャーやヘルパー、介護福祉などで勤めたいと思っている場合は、介護事務の資格を持っていると、採用されやすいという事があります。資格手当がつく場合もありますので、介護事務が出来るようにしておくことは、とても有利なのです。

 

介護事務の認知度について

介護事務の資格は創設されてから日が浅いため認知度はそれほど高くはないと言えますし、国家資格ではありませんので取得しなくても働くことができる現状があります。

 

しかし介護業界は少子高齢化社会や寿命が延びていることからも、今後も伸びていくのは確実だと言えます。介護事務は基本的には事務員となりますが、医療事務と仕事内容が近いと言えます。

 

しかし現状では介護福祉士やケアマネージャーが兼任して行える程度の業務となるため、求人数はそれほど多くはないと言う現状もあります。

 

それほど需要は高くはないため広く認知されている資格ではありませんが、介護事務職として雇用する施設は非常に少ないといえます。介護職と兼任の募集や、介護職として採用されてから兼任して行うといったケースが多いため、介護事務専門として採用されることは非常に少なくなっています。

 

需要の高い介護業界ですが、過酷な労働環境や経営状態が良好な施設はそれほど多くはないため、介護事務のみの採用は現状では難しいと言えます。

 

給与面はどう?

介護事務スタッフの給与面で見てみると、一般的な企業の水準と同レベルか若干低めになっています。

 

また、正社員雇用ではなくアルバイトやパートで雇用されるケースもあり、余計に給与面では低くなってしまいます。

 

介護士と比較しても、夜勤などの手当も付かないですしどうしても給与レベルは低いものなのです。

 

ただ、職場によっては福利厚生に力を入れているところもあり、単純に給与面だけで良し悪しを決めるのは決して得策ではありません。

 

また、やりがいがあるかどうかも仕事選びには重要なポイントとなります。