介護事務 資格 必要

介護事務資格は本当に必要?

介護事務の資格というのは、果たして本当に必要なのでしょうか。

 

介護事務になりたいと考えておられる方に、その資格の必要性についてご説明していこうと思います。

 

介護事務の資格は本当に必要なの?

介護事務を目指す方の多くは、介護事務資格を取得しようとされています。

 

介護事務となるには、必ず介護事務資格がなくてはいけないのかというと、そういうことではありません。

 

実は、介護事務の資格がなくとも、介護事務として勤務していくことが可能なのです。

 

とはいえ、介護事務の仕事には、専門的な内容を含むものが多くなります。例えば、レセプトの作成(介護報酬請求業務)が挙げられます。

 

こちらの業務では、介護保険に関しての知識や、介護報酬算定などレセプト作成に関する知識というような、専門的な知識が必要となります。

 

また、事業所や施設を利用されている利用者様や、その家族の方から質問などを受ける事もあり、介護保険や仕組みについての知識も持ち合わせていなくてはなりません。

 

そのため、無資格の状態で就職先が決まったとしても、入職後にとても大変な思いをすることになります。

 

レセプト作成などはミスが許されるものではありません。利用者様にも大きな迷惑をかけてしまうことになりますので、やはり専門知識を身につけておく必要があります。

 

そのためには、介護事務の資格を取得するまでの過程で多くの専門知識を学び、自分に自信を持って入職することが大切です。

 

このような理由から、介護事務の仕事に就く際には、介護事務資格が必要だと言えます。

 

独学で取得したい!

多くの方が講座を受講し、その中で学習されるのですが、中には独学で資格を取得しようとされる方もおられると思います。

 

独学で取得を目指すことは、費用も時間も自分の思い通りとなりますし、メリットがあります。ですが、独学で取得しようとしても、間違った知識を身につけている可能性もあります。

 

また、モチベーションを維持しづらいという点があります。受験日までモチベーションが持たず、せっかく身につけた知識が抜けてしまっていては、意味がありません。

 

やはり同じく介護事務の資格を取得しようとするのであれば、講座を受講することをおすすめします。