介護事務 年収

介護事務の年収はどれくらい?

介護事務の年収は、これから介護事務という仕事に従事していくことを希望する方にとっては重要な要素です。この介護関連の事務職では、ヘルパーや介護福祉士という職と兼任していることもあり、収入に違いが出る事が一般的です。

 

この場合、介護事務と他の職を兼任している場合は、施設によっては手当てがついて高額な収入を得られるケースも多くあります。一般的に、介護関連の事務職では、年収として三百万円を越える事が大半で、他の職種を兼任する事で四百万円程度となる事が多くなります。

 

この介護関連の事務の仕事では、資格を取得している事で手当が付くケースも多く、介護福祉士などの職務を兼任していることで、収入が加算される為に、平均的な数字を算出することは困難になります。

 

しかし、専業の場合は平均的な月収は一定になることが多く、正社員という働き方であれば施設によってはボーナスもあるので、平均して三百万円程度は確保する事ができます。

 

兼任と専業での年収の違い

 

介護事務の求人の中でも、事務員として専業で募集が出される場合と、介護職員の業務を兼任する場合で年収は異なってくるケースがあります。

 

介護事務のみで業務をする場合には、やはり事務員としての給料に資格者としての手当がつくという形が基本になりますので、年収は一般的な事務員とそれほど大きな違いはありません。

 

一方、介護職員としての業務も兼ねる場合には、時間外の勤務や土日の出勤が含まれることもありますので、これらの手当てがプラスされて収入は増えることがあります。

 

ただし、どれくらいの割合で負担をするのかということについては施設によってもずいぶん違いがありますので、あらかじめ面接のときなどに確認しておいた方がよいでしょう。

 

また、事務員が複数いる場合には主任など、事務を統括する立場になることもあります。このときには収入に役職の手当がついたり昇給することもありますので、年収はかなりアップすることが期待できます。