介護事務管理士

介護事務管理士について

介護事務管理士は、介護施設や高齢者施設などで、海保保険医対して介護報酬の請求の事務を行う仕事です。主は介護報酬の請求業務ですが、それ以外にも、介護施設での事務全般を任されます。そのため、介護報酬の計算をする技能や知識はもちろん必要ですし、それ以外にも、介護サービスについての専門的な知識が必要になってきます。

 

介護事務管理士になろうとした場合、資格は必要ありませんが、取得しておいた方が採用はされやすくなります。介護事務管理士技能認定試験があります。学科試験では、関連している法規、介護報酬計算、介護報酬請求についての知識が問われる問題が出題されます。実技試験はレセプト点検とレセプト作成能力が問われます。

 

介護事務管理士としての就職先は、介護施設や事務所です。介護事務は今後も必要とされる仕事であるため、介護事務管理士の資格は取得しておいた方が有利になるでしょう。但し、介護事務のみの専門的なスタッフとしての求人は少ないので、他の介護関係の仕事の資格とあわせて取得した方がよいです。

 

介護事務管理士の試験内容と受験資格

 

介護事務管理士の受験資格は、学歴や職歴など特にありません。実務経験などの受験資格は一切ないので、知識さえあれば誰でも受けることは可能です。

 

試験内容は、学科と実技です。学科はマークシート式の問題が10問出され、100点満点中70点以上が合格基準となっています。

 

実技は、レセプト作成と点検が4問です。1問につき50%以上、全体で70%以上正解していると合格基準に届くことになります。

 

試験内容は介護事務管理士に必要な知識のほかにさまざまな種類の問題も出題されますが、試験会場にはテキストを持ち込むことが可能です。そのため介護事務管理士の資格は、比較的取得しやすい資格とされています。

 

介護事務管理士の試験は、1年に6回奇数月に開催されています。試験会場に赴き受ける会場での試験があり、受験資格を満たして権利を取得すれば在宅で試験を受けることも可能です。

 

介護事務管理士の資格試験は、受けやすい試験内容といえるでしょう。