介護事務実務士

介護事務実務士について

現在、ヘルパーなどの資格をお持ちで、実際に現場に出られている方は、訪問介護や施設での介護の資格だけではなく、介護事務実務士の資格取得を考えられるとよろしいのではないでしょうか。

 

介護事務実務士は介護保険法に則った介護事務ができるようになる資格ですので、ヘルパーの資格だけではなく、合わせて取得されることで、求人面は勿論のこと、給与面などでも優遇を受けることができるようになり、それにより診断書や保険請求の為の書類や、また、ケアマネージャーのサポートもできるようになりますので、施設側もそうした資格と現場に出て介護が出来る資格の双方を持っている、という人を求めているからです。

 

試験内容は介護保険法やそれに関連する法規などについての学科試験と、実際に保険請求の書類を作成する実務試験になりますが、基本的に在宅受験ですり、また資格取得も決して難しいレベルのものではありませんので、介護の仕事をしながらスキルアップを考えられているならばその第一歩としてふさわしい資格であると申せましょう。

 

介護事務実務士の試験内容と受験資格

 

介護事務実務士とは分かりやすくいうと、福祉施設などの介護関連施設における介護保険請求事務の実務能力の認定資格です。その試験内容は介護保険法とそれに関連のある法規、介護保険制度に関すること、介護報酬の請求に関すること、に関する学科試験と、明細書作成という実務試験となっています。

 

この資格を取得することにより、介護関連の様々な業務ができることになります。ただし、この資格だけではなくヘルパーの仕事と兼ねての求人も多く、訪問介護や施設での介護にたずさわっている方がその資格と合わせて取得する場合が多いです。

 

したがって、実際にはこの資格だけを求められる求人は非常に稀といえましょう。介護の資格を持っている方は、現場だけでなく診断書や証明書作成、また、ケアマネージャーの業務サポートといった事務作業などもできるようになりますので、収入面の優遇も期待できるでしょう。

 

介護事務実務士には受験資格はありませんし、また在宅受験が基本です。試験内容からも比較的取得できやすい資格と申せましょう。