介護保険事務管理士

介護保険事務管理士について

介護保険事務管理士というのは財団法人日本病院管理教育協会が認定する資格で、特別養護老人ホームや療養病床を持っている介護保険施設で、介護報酬請求事務を行う知識や能力があることが認められます。

 

ケアマネージャーのサポートをしたり、介護事業者の保険請求などの事務手続きを行います。介護事務に関しては、国家資格というものは現在存在しておらず、ほとんどが民間の法人の認定資格になっています。

 

しかし、介護保険が国内で利用されるようになったこと字体がそれほど古いことではありませんので、これらの資格を持っている人材というのは数が限られており、今後介護施設が増えることが予測される中で非常に有益な資格になりつつあります。

 

介護保険事務管理士は、財団法人日本病院管理教育協会が指定する教育校で指定科目を履修することで受験資格を得ることができます。試験は年に2回あり、これに合格して認定申請をすれば介護保険事務管理士と名乗ることができるようになります。

 

介護保険事務管理士の試験内容と受験資格

 

就職にもかなりの時間がかかってしまうような状態ですから、何とかして周囲に差をつけたいところです。そんな時には、将来にとって有用な資格を手にしておけば良いのではないでしょうか。

 

資格の中には、仕事で大きく活躍するものが多く、その中に介護保険事務管理士というものがあります。介護保険事務管理士というのは、その名の通り、介護の現場で活躍しているのですが、主な仕事内容としては、介護施設での勤務になり、金銭の管理などの仕事も任されるようになります。

 

裏側の仕事に徹する部分も多くなってくるのですが、彼らがいないと介護の世界は成立しません。そんな介護保険事務管理士の国家試験は、毎年定期的に実施されており、試験内容は、介護における関係法規に関する問題、介護の世界における金銭の計算などが出題されます。

 

試験内容としては、ベーシックなものが多いので、割と取り組みやすい問題となっています。また、受験資格は特には設けられていないので、その気になれば誰でも受験できます。