介護事務 通信教育

介護事務の資格|通信教育ではどんなことを学ぶ?

持っておいて損のない資格である介護事務ですが、現状では取得に関して要件は一切設けられていませんので、誰でも取得できる資格として知られています。

 

そんな介護事務の資格ですが、意外と難易度が高い資格としても知られているんです。

 

テキストを試験中持ち込み可ということもあり、あまり勉強せずに試験に臨んで不合格となるケースが多いようです。

 

しっかり勉強を積んで試験にチャレンジしたいところですね。

 

オススメなのは通信教育ですね。

 

自宅で好きな時間に学習できますので、人気の高い学習方法ですが、具体的にはどのような内容について学ぶのでしょうか?

 

今回は、介護事務の資格に関する通信講座の内容について紹介します。

 

通信講座とは?

初歩的なところで、まずは通信講座について説明します。

 

介護事務の通信講座を取り扱っている会社は実は多く、CMでよく見る会社も当然の事ながら取り扱っています。

 

金額的には40000円弱で合格できるレベルまでの学習をすることができます。

 

通信講座で学べる内容は?

通信講座で学べる内容としては、介護事務に関する法律の内容や実際の職務に関する内容に関すことがメインであります。

 

単にテキストでの学習だけでなく、DVDで詳細の解説が付いているなど、各社で工夫して教材を作成しているのが特長です。

 

テキストは、ベースは試験問題に合わせて作成されているケースが多く、先に紹介した通り試験にテキストを持ち込めるので、このテキストをそのまま試験でも利用できるのも特長ですね。

 

通信講座では、実技試験で作成が求められるレセプトについての作成方法も学べます。

 

また、実際にレセプトを作成してそれを添削してくれるサービスがありますので、確実に正確に作るスキルを得ることができます。

 

これは、独学などでは絶対にないサービスですよね。

 

標準勉強期間は4ヶ月と長く取られていますが、テキストの内容は極めて簡単になっています。

 

是非とも、通信講座を有効利用して、確実に試験に合格できるように準備していきましょう!