ケアクラーク

ケアクラークについて

ケアクラークとは、介護保険事務の介護報酬の請求業務を行ったり、ケアマネージャーの補佐をしたり、書類作成や電話、窓口対応などを行う仕事です。仕事の範囲はとても広く様々なものが関係してくるため、介護保険の知識はもちろん、介護サービス全般の知識も必要になってきます。

 

また、ケアクラークは計算が得意であったり、パソコン操作が上手であることも必要です。介護報酬の請求業務は事務職であるためです。主な就職先としては、老人保健施設、介護施設、病院、介護保険委託事業者などです。

 

ケアクラークには公的な資格がありますが、資格なしで就職できない仕事ではありません。しかし、取得しておくと、採用されやすくなります。財団法人日本医療教育財団が行っているケアクラーク技能認定試験です。

 

しかし、この試験を受験するためには受験資格が必要となってきます。その他、介護保険事務管理士全国統一試験、介護事務管理士技能認定試験などに合格した場合も、採用されやすくなります。

 

ケアクラークの試験内容と受験資格

 

ケアクラークという職業をご存知ですか。いわゆる介護事務と呼ばれる仕事で「介護保険請求事務」とも呼ばれますが、高齢化の進む我が国に欠かせない存在です。

 

介護などの際に発生した費用を、介護報酬を利用者と市町村それぞれに請求するという、大変重要な業務を担います。民間の団体が認定している資格がたくさんあり、それを取得することで、ケアクラークとして勤務することが可能です。

 

若い人でも介護の世界に興味を持つ方が増えており、介護関係の資格取得に励む動きが活発になっています。ホームヘルパーなどの資格所有者がこの資格を取得することで、事務業務もケアの面でも活躍できるようになります。

 

試験内容は学科試験と実技になります。実技では、実際にレセプトを作成することになります。受験資格は設定されておらず、幅広い年代から受験者が増えています。

 

試験内容や出題傾向、試験実施日をしっかりと確認し、万全の体制で試験に臨むようにしましょう。