介護事務 資格取得

介護事務、将来の自分のために資格取得を検討中

つとめていた会社が倒産し、失業して、ハローワークに通う日々です。結婚していますから、生活には困りませんが、子どももいないし、仕事で社会につながっていないと、なんだか侘しい。

 

けれど、40代のおばさんには、なかなか条件のよい就職はありません。経理関連の仕事をしてきたから数字に強いし、仕事で鍛えられてきたから、エクセルをはじめパソコンのスキルにも問題ない。就労意欲は人一倍なのに…。

 

ハローワークに相談に行ったところ、職員から勧められたのが、「介護事務」の職業訓練講座。介護事務の仕事は、介護事務専門のコンピュータを駆使して、介護保険請求事務をこなし、医療機関や介護施設の保険収入を管理するもの。ケアマネージャーと連携し、業務内容の調節も行う裏方の仕事です。

 

業務の概要を聞いて、思わず「これだ!」と思いました。テキスト代の他は、受講は無料。早速申し込んだのですが…。なんと、定員オーバーでダメ。

 

介護事務が、人気がある講座だということを痛感しました。でも、そんなことがきっかけとなって、逆に、介護事務の仕事に対し、興味がわいてきたのです。

 

超高齢化社会に突き進む日本では、今後、介護施設は増えるだろうし、介護業界の実績は、いやが上にもに成長するだろう。人手不足の上に、少子化。今だって、海外から介護の人を雇い入れているくらいだ。

 

この先、介護施設が増えたら、業務を背後から支える事務方面の仕事の需要が増えないはずはない、と…。現在、自腹を切って、介護事務の通信講座を受講しています。

 

受講料は40000円くらいですが、ハローワークの職員が、教育訓練給付金制度の利用が可能なスクールを教えてくれましたので、資格の取得によって、受講料の20%が戻ってくる計算です。

 

何はともあれ、自分もいつかは利用するであろう、介護保険を知るよい機会になりそうです。資格の取得が、すぐに就職に結びつくかわかりませんが、新たなチャレンジとして、がんばりたいと思います。