介護事務 コラム

介護事務の求人情報について

私は、今年の5月末で3年間勤めていた会社をやめました。契約期間が終了したからというのが、表面上の理由ですが、本来なら試験を受けて契約社員から正社員にならないかと言われていたので、本当の理由は他にありました。

 

それは、不妊治療を受けたかったからです。私は35歳を過ぎて結婚しました。全く子供を欲しいとは思ったことがなかったのですが、結婚して、子供がないのは彼と彼のお父さんに申し訳ない気がして、不妊治療に踏み切ることにしたのです。

 

私が通っている病院は40歳が治療の上限なので、私にはあと2年しか残されていなかったのです。働いていた仕事も安定していたので、正社員になることは自分にとっての夢でもありましたし、ずっと働くことの安定感は何にも代えがたいものもありましたが、ここで、働き続けることは、このまま子供得られなかった場合、一生の後悔になると思い切って仕事を辞めたのでした。

 

でも、不妊治療は肉体的にも精神的にもこの上ないほどの辛い治療です。それに耐えるのは並大抵のことではありませんでした。私は、治療以外のことに目を向けないと、精神的に参っていしまうと思い、介護事務の資格を取りました。

 

何か夢中になることがある方法が、自分にとってもいいし、なにより、精神的に追い詰められることがないように思ったのです。介護事務の資格を取って、今からが勝負どころです。

 

不妊治療を優先させながらの、介護事務の求人への応募は結構ハードルが高いのですが、もし、子供ができた後も、働けたら働きたいのでどんな形になろうとも、介護事務の求人に応募し続けようと思っています。

 

私がしている、就職活動は、介護事務の求人が載る可能性のある求人サイトに登録することです。あと、市役所のいろいろな福祉の情報に目を向けています。社会福祉協議会の広報誌にも目をとおすようにしています。

 

大学の医学部や、法人の医療関係に働いている友人に、FACEBOOKなどで、介護事務の求人を見つけたら教えてほしいと頼んでいたりもしています。