介護事務 資格

介護事務の資格取得&通信教育の情報ナビ

介護事務の仕事

介護事務の仕事イラスト

介護保険とは、介護や生活支援が必要な高齢者を社会全体で支えていくために、介護サービス費用の1割を利用者が、残りの9割を「保険料」「税金」によって負担する制度です。

 

介護事務は、別名「ケアクラーク」「介護保険請求事務」とも呼ばれ、介護サービス費用の利用者負担額を計算したり、国や地方自治体に介護保険料を請求するのが主な仕事です。

 

他にも、介護サービス事業所への連絡や調整・ケアマネジャーの業務サポート・必要書類の作成など事務作業全般を行います。

 

超高齢社会の中で、介護サービスを利用する高齢者も急増しており、今後さらにニーズが高まってくると予測されています。

 

資格は必要?

介護施設イラスト

介護事務には、医師や看護師のような国家資格はなく、すべて民間資格になりますので、厳密に言えば資格がなくても働く事はできます。

 

しかし、業務自体は専門的な知識が求められるため、事前の勉強が必要ですし、資格を保有をしているとスキルが備わっていると判断されるため、採用の際は有利に働きます。

 

また介護報酬請求の仕事は全国共通ですので、一度スキルを身に付けておけば、全国どこでも職場を見つけることができるのも大きなメリットになります。

 

資格を選ぶ際の注意点

 

介護事務スタッフイラスト

介護事務の資格は、全部で9つあり、それぞれ認定している団体、難易度、取得期間などが異なります。知名度が高く就職の際に有利に働く資格もありますが、逆に取得してもあまり意味が無いものもありますので注意が必要です。

 

おすすめを挙げるなら、、団体規模が大きく知名度もある「介護事務管理士」「ケアクラーク」「介護事務実務士(R)」あたりが良いのではないでしょうか。

 

どの資格にも共通して言えるのは、「介護報酬請求業務」のスキルを身につける事を目的としており、年数回開催される試験を受け、合格点数に達すると晴れて資格を取得することができる点です。

 

中には、独学で試験合格を目指す方もいらっしゃいますが、途中で挫折をしたという話もよく聞きます。短期間で資格取得を目指すのであれば、費用も安く効率良くスキルを身に付けられる通信講座を受講することをおすすめします。

 

資格を取るならどこが良い?

 

ブラッシュアップ学び

ブラッシュアップ学びロゴ

情報量No.1、年間10万人以上が利用する「ブラッシュアップ学び」は、通信・通学講座の専門サイトです。業界内でも評判の良い「ユーキャン」「ニチイ」「日本医療事務協会」等が開催する、計5講座の資料を簡単に比較、一括資料請求することができます。もちろんサービスは全て無料。資料には、仕事や資格について詳しく書かれたガイドブック、体験者の声、現場で働くスタッフのインタビュー等が掲載されており、とても参考になります。

一括で資料を請求する

 

通信講座選びのポイント

 

介護事務講座は、複数の団体で開講されており、講座によって取得できる資格の種類も異なります。講座を選ぶ際は、以下ポイントをチェックすることをおすすめします。

 

@分かり易いテキストを採用

介護事務の仕事は、資料を見ながらこなす業務がメインなので、試験でもテキストの持ち込みが許されているケースがほとんどです。試験に沿った内容のテキストであることはもちろん、見やすく、初心者でも分かり易いテキストを採用している講座がおすすめです。

 

A取得できる資格を調べる

講座によって、取得できる資格が異なります。介護事務の資格は、様々な団体が認定していますので、自分が取得する資格について事前に調べておくと良いでしょう。

 

B講座費用

通信講座の費用は、2万円程度から10万円近くするものまで様々です。また介護事務の場合、教育訓練給付金といい、厚生労働省が認定する講座を修了すれば、講座費用の20%を国が負担してくれる制度があります。出来るだけ費用をかけずに資格を取得したいという方におすすめです。

 

C合格までの学習期間

試験合格までのスケジュールをあらかじめ決めておくことは大切です。講座毎に設定されている標準学習期間を、必ず確認してから申し込みましょう。

 

D就職サポートの有無

講座を受講するメリットの1つとして、資格取得後の就・転職サポートがあります。サポートを全く受けられない講座から、専任のキャリアコンサルタントが希望に合った職場を優先的に斡旋してくれるケースまで様々です。

 

ブラッシュアップを利用して資料を取り寄せました♪

 

資料取り寄せ

一括資料請求サイト「ブラッシュアップ学び」を活用して実際に資料を取り寄せてみました。

 

サイトには、講座の学習期間・費用・取得できる資格・特徴等が一目で分かるように工夫されており、わずか2分ほどの入力で資料請求が完了。

 

数日後に、「未来ケアカレッジ」「ソラスト」「ユーキャン」「ニチイ」「日本医療事務協会」、計5つの講座資料が送られてきました。

 

他社が運営している某・一括サイトを利用した際は、介護事務と関係ない食育や保育士等の資料もたくさん送られてきて困惑した経験があるのですが、今回はそんな事はありませんでした。

 

また請求後、営業の電話・メール等も一切ありせんでしたから、安心して利用できます。恐らく運営会社の管理が徹底しているのだと思います。

 

資料には、介護事務のガイドブックをはじめ、テキストの中身も一部公開されていたり、実際に講座を受講した人の体験談、現場で働くスタッフの声が参考になりました。

 

講座を受講しようか検討中の方にもおすすめです。送られてきた資料をパラパラと眺めているだけでも新しい発見がありますよ。

 

一括で資料を請求する

 

 

 

 

 

 

 

【当サイトについて】

超高齢社会の日本では今介護事務の求人情報や資格が注目されています。介護事務能力があると認定される資格は9種類あり、それは、「介護報酬請求業務」の専門家である証となります。9種類の資格の名称はどれも良く似ていて、全て「介護給付費明細書」作成を中心としたスキルを身につけるものです。しかしそれぞれの資格の特徴は多少違いますので少し説明したいと思います。しかしながら、介護事務求人情報を探している方や、実際に就職を検討中の方は、どの資格を取得しても、採用率に大きな差はありません。@「ケアクラーク」は、日本医療教育財団が主催しています。単に「介護報酬請求業務」だけでなく、介護一般知識や、医学一般、接遇、コミュニケーション技能についての理解度を確認する試験を行います。株式会社ニチイ学館では介護事務の講座を全国ネットで開講していて、当講座の中ではケアクラークの試験の模擬試験を準備し受験対策をサポートしています。他の8タイプの介護事務の資格取得には、「介護給付費明細書」とその他介護一般知識についての理解度を確認する為に試験を受けることになります。学習内容にはあまり違いはないのですが、取得方法が違ってきます。A「介護事務管理士」は、株式会社技能認定振興協会が主催しています。通信教育ニックで学習した人は試験会場で受験し、ユーキャンで学習した人は在宅受験が出来ます。B「介護事務実務士」は、NPO法人医療福祉情報実務能力協会が主催しています。通信講座はヒューマンアカデミーが主として行っています。C「介護管理専門秘書」は、日本能力開発推進協会が実施しています。通信講座キャリアカレッジジャパンが認定教育機関の指定を受けていて受講と試験をセットにして提供しています。D「介護報酬請求事務技能検定試験」は、日本医療事務協会が主催しています。なんとこの試験対応の講座を18時間で終了するスクールもあり、合格率も70%と高い試験です。E「介護保険事務管理士」は、財団法人日本病院管理教育協会が主催しています。当財団が指定した教育指定校に通学し、年に2回行われる試験を受験して資格を取得します。F介護事務能力認定試験G介護保険事務技能認定試験H介護保険事務士、F〜Hは、ある一部の地域での地元密着型資格であり、指定された教育機関に通学した上で受験可能となる資格です。資格取得をした人は、求人情報を探しましょう。【保育士資格の取得を考えている方へ】様々な幼稚園教諭、保育士の方々と話をしていると、大人が子供を制限してしまっている場面によく出くわします。中でも、「私の子供だから、無理だよ」という親による勝手な諦めです。親が出来ないことと、子供の能力は全くの無関係になります。例えば、運動神経や知能というものは遺伝しません。親が制限をすることで、子供が出来なくなってしまうのです。それは遺伝ではなく、環境の問題です。親が作る後天的な環境が、遺伝以上に大きな影響を子供に与えます。ですから、まずはあらゆる事を遺伝のせいにするのではなくて、良い環境を子供に与えるのが、親、保育士の役目になります。ある保育園で、足が不自由な子供がいました。担任の保育士と相談をして、足よりも手を使う運動に焦点を充てたメニューを作成しました。同じクラスには、同年代の子供に比べ体が小さな子供がいました。当然、通常の跳び箱は飛べませんので、小さな体に合わせた小さな跳び箱を作って練習をしました。その結果、数ヶ月後の発表会でどちらの子供も普通サイズの跳び箱を飛ぶことに成功しました。親や周りの保育士もとても驚きました。私が、保育士資格を取得後、保育士として働きはじめて8年、子供の無限の可能性を感じ、胸が一杯になった瞬間です。頭のどこかで「無理かも・・・」と制限をしながらも、環境だけは整えてあげたいという気持ちで作った環境が子供の奇跡を呼んだ出来事でした。これは、これから、保育士の資格を取得して、保育士を目指す人々に伝えたいことです。子供の可能性は、大人が制限しては決していけないのです。

 

更新履歴